過払い金っていつまで!?2008年より前に借金してた人は必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
過払い金今すぐ

まず最初に言いたい事。
2008年(平成20年)より前に借金をした事がある人は今すぐ過払い金請求をするべきです!

過払い金とは、払いすぎた利息の事ですが、今現在も返済しているという人も、既に払い終わって完済しているよ、という人も、業者に返してもらうよう請求する事ができます

今すぐ過払い金返還請求!急がなきゃいけない理由

具体的には、
2008年(平成20年)より前に借りた人が過払い金が発生している可能性が高いので、もしかしたら、と思うならすぐに過払い金請求の手続きをした方が良いです。

なぜこんなに急かしているか?それは

過払い金には時効があるからです。

過払い金の時効は、最後に返済などの取引きをしてから、10年です。

まだ返済を続けているという人は焦らなくて大丈夫です。
でも、過払い金の分を残っている借金に充てる手続きをすれば、その分今の借金が減る事になりますので、業者が倒産したりする前に手続きしましょう。
残りの借金がゼロになるだけでなく、過払い金として返してもらって、臨時収入になったという人も居ます。

「過払い金があるかもしれない!」

という方でも、具体的に何から初めていいのか分からないという方のために「過払い金返還請求」の流れを紹介します。

過払い金返還請求 行動フロー

  1. 1.債務整理を専門にしている法律事務所へ電話かメールで問い合わせ(無料相談を利用してください。)
    ※地方からでも、郵送のみのやり取りで大丈夫か確認しましょう。
  2. 2.必要な書類を揃えて法律事務所へ(債務整理を専門にしている所は、ここも無料の法律事務所がほとんど)
  3. 3.弁護士費用などを確認し、法律事務所へ過払い金返還請求を一任
  4. 4.あとは弁護士が業者と交渉、和解案を取り付けてくれるので、返還されるのを待つだけ!

弁護士・司法書士などの専門家に依頼してしまえば簡単ですね。
▼親切・丁寧な借金問題解決なら、安心して依頼できるおしなり法律事務所がおすすめです▼


弁護士に払う費用が・・・と考えて、自分で手続きを行いたいという方も居ると思いますが、
一般の人が交渉すると、せっかく返してもらえるハズの過払い金も、業者が渋って(かなり渋るため何度も交渉して時間がかかるそうです)結果少ない金額で和解するパターンが多いそうです。

業者と交渉する手間も考えれば、多少の弁護士費用も払ってしまった方がスムーズで、より多くのお金が戻って来る可能性が高まります。

過払い金が発生しているかもしれない消費者金融一覧

  • ・アイク
  • ・アイフル
  • ・アコム
  • ・アプラス
  • ・イオンカード
  • ・エイワ
  • ・エポスカード
  • ・オリコカード
  • ・三洋信販(ポケットバンク)
  • ・シンキ(ノーローン・シンキカード)
  • ・セゾンカード
  • ・セディナ(セントラルファイナンス・クオーク・OMCカード)
  • ・ゼロファースト
  • ・ニコスカード
  • ・ビューカード
  • ・プロミス
  • ・ポケットカード
  • ・ライフカード
  • ・レイク
  • ・CFJ(ディック・アイク・ユニマットレディス)
  • ・CFカード
  • ・NISグループ(ニッシン・オリエント信販・ネットカード)
  • ・KCカード(楽天KC・YJカード)
  • ・UCカード

こんなに多くの業者が、利息を多く取っていた可能性があるんですね。
驚きです。

この表に、借入先の名前が無くても、2008年より前に業者からお金を借りていた方は、過払い金が無いか専門家に確認してもらうといいでしょう。電話やメールで回答してくれる法律事務所もあるようです。

過払い金返還請求の場合、私がオススメしたいのは街角法律相談所です。

自己破産や個人再生などの複雑な手続きも考えている方にはオススメしていませんが、
過払い金、任意整理の相談にはもってこいの相談先です。

匿名、無料でシミュレーション出来る点がオススメポイントです。

街角法律相談所
かんたんな5つ程度の質問に答えると、後にあなたにマッチした司法書士又は弁護士からメールで連絡を貰えます。

私も試しに診断をしてみたんですが、即日メール連絡を頂き、スピーディに診断する事が出来ました。

司法書士さんからの連絡だったので、私の場合借金額が大きかったため依頼はしませんでした。
でも、丁寧に私の知りたい情報を教えて下さってとても好印象でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*