自己破産より〇〇?個人再生まるわかり!?ざっくり要点を解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
個人再生まるわかり

個人再生って何か、みなさんはご存知ですか?

一言で言えば

個人再生とは財産を残したまま借金を5分の1程度まで減らせる債務整理

です。

実は私、弁護士に言われて自分が個人再生の手続きをするまで、「個人再生」という言葉は全く知りませんでした。

※厳密に言えば、「個人民事再生」といい、「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2種類があります。ここでは一般的に利用される事が多い「小規模個人再生」について言及します。

「個人再生」という言葉は知らなくても、会社が倒産しそうな時、民事再生という制度を利用して、経営を続けながら借金を無くす方法がある事は知っている、という方もいらっしゃいますよね。

個人再生というのは、いわば会社の民事再生の「個人版」です。

個人再生できる条件

  • 借金の額が5,000万円以下で
  • 安定した収入がある

この二つの条件を満たしていれば、まず個人再生の手続きをする事が出来ます。

しかもこの個人再生

  • ギャンブルや浪費が原因の借金でも
  • 財産を手放さなくても

出来るんです。

その上で

債権者の反対意見が過半数を超えなければ

晴れて、借金を5分の1、又は100万円どちらか多い方まで、借金を減らす事が出来るのです。

自己破産と比べてみた個人再生のメリット

個人再生と自己破産を比較すると、

  • 自己破産と違って、資格制限がない
  • 自己破産と違って、条件によっては財産を手放さなくても良い

というメリットがあります。自己破産のように借金がチャラになる訳ではありませんが、個人再生では生活を大きく変える事なく、借金を大幅に減らせるんです。

今の生活や財産を維持しながら、借金の負担を減らしたい方には最適な方法ですね。

職業制限がないって言うけど、どういう意味?

自己破産では、資格制限といって、ある一部の職種の人は「自己破産の制度を利用すると」一定期間、その仕事をする事が出来なくなります。

その点個人再生では、職業を制限される心配はありません。

何と言っても、
安定した収入がある
というのが個人再生を利用する条件ですので、仕事が出来なくなっては本末転倒ですもんね。

条件によっては」財産を手放さなくていい、の条件とは?

条件によっては、手放す財産もありますが、ほとんど財産を手放さなくても良い点も、自己破産と比べて大きなメリットになりますよね。

基本的に、個人再生は「住宅ローン以外」の借金を対象に、債務整理をします。住宅ローンは残る、という事はつまり、「住宅(マイホーム)は手放さなくて良い」という事です。

そして、車などの資産についても、減額後の金額以下の価値であれば、手放す必要はありません。

そうです、減額後の金額以下の価値であればです。

分かりやすいように、二つの例を挙げて説明します。

借金500万資産90万の場合

個人再生最低弁済額
例えば、査定価格90万円の車を持っている場合、個人再生で減らせる限度の100万円まで減額する事が出来ます。
車を手放す事なく減額できるので、なんの問題もありませんね。

借金500万資産120万の場合

個人再生最低弁済額
査定価格120万円の車を持っている場合、車を手放さない場合、個人再生では120万までしか減額する事ができません

ここがポイント
500万円の5分の1は100万円ですが・・・
個人再生では、(住宅以外に)資産価値が100万円以上のものを持っている時、その資産を手放さない限りは100万円まで減らす事はできなくなります。
資産を持ち続けたい人は、その資産の評価額と同じ金額までしか、借金を減らせないのです。
逆に言えば、120万円までの減額で良ければ、資産は手放さなくて良いという事です。
kojin-car_02

又、借金が1000万ある人の場合は、減額できる限度が200万(1000万の5分の1)であり、この場合は評価額120万の車は、手放さなくても良いという事ですね。



まとめ

さて、ここまで個人再生について説明参りましたが、「何だか複雑な仕組みなんだな・・・」と思った方も多いと思います。

そうなんです、個人再生って結構面倒な手続きなんです。

でもそれだけ、効果は大きく、効果の割にデメリットは少ない債務整理です。

このサイトの管理人も、個人再生で借金を減額して、借金地獄を脱した一人です。

管理人は、一旦無職になったので自己破産を検討したものの、実は投資も借金の原因のひとつだった事(自己破産だと免責が不許可になっていたかも)や、手放したくない資産があった事から、個人再生を選んだのです。

東京を離れ、北陸の地元に帰り、何とか就職を決めて「個人再生」の手続きをしました。人生の大きな転機です。

自分では、そんな方法も知らなかったので、弁護士さんに無料相談した時、個人再生をすすめてもらって本当によかったと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*