取り立てや督促を債務整理で止められる!?即日対応がカギ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
取り立てや督促を止めるには

取り立てや督促があると精神的に追い込まれ、辛く苦しい状態になりますよね。

とにかく督促の電話や取り立てを止めて欲しいという方も安心して下さい。

督促や取り立てを止める方法

止める方法は2つあります。

1.滞納分を返済すること

そうです、滞納分を返済すれば取り立てや督促って止まるんです。

「そんなの当たり前だろ!」と思いますよね。すみません。
これが出来たら、そもそも取り立てや督促の電話に怯える必要は無くなりますから。

でも、私が言いたいのは

督促や取り立てを止めたいからと、他から借り入れして返済するのは絶対にやめて下さい!

ということ。

取り立て督促ストップ

では、どうしたら良いのか・・・

それはもう1つの解決方法、
債務整理を専門家(弁護士又は司法書士)に依頼することです。

債務整理を専門としている弁護士や司法書士は、取り立てや督促を即日ストップする手続きを行ってくれます。

2.債務整理を弁護士又は司法書士へ依頼すること

自己破産でも、個人再生でも、任意整理や過払い金返還請求でも、専門家に依頼をすれば即日、取り立てや督促が停止します。

その理由は、弁護士(又は司法書士)から債権者(金貸業者)に、弁護士が介入した旨の通知が行くためです。

これは、受任通知という書類です。

受任通知とは、あなたから弁護士(又は司法書士)に依頼があった旨を、通知するもので、これにより金貸業者はあなたと債務整理に関する交渉が成立するまでコンタクトを取れなくなります。

ですので、自宅や勤務先に来て脅されたりという心配は要りませんが、万が一依頼後に金貸業者から連絡があった場合はすぐに担当弁護士へ連絡して下さい。

また、電話があっても出る必要はないですし、出たとしても「弁護士に一任しています」と伝えるだけで大丈夫です。

債務整理の依頼後は安心して専門家にお任せ

あなたの代わりに弁護士(又は司法書士)が金貸業者と減額の交渉をしたり、手続きを進めてくれます。その間、借金を返済する事もストップしますので、交渉や手続きの完了まで依頼した専門家からの連絡を待つだけです。

自分で手続きをする場合は取り立てや督促は続く

自分で手続きを行うのは非常に大変ですし、減額の交渉自体も難しくなります。

まして、自己破産となれば裁判所への書類提出や、裁判官との面接をする必要がありますので、個人で行うと疲弊してしまい、債務整理が出来たとしても、その後の生活を立て直す気力が湧かなくなる恐れもあります。

何より、弁護士などの専門家に依頼すれば督促や取り立てはストップしますが、自分で行う場合はその様なメリットは無くなります。

自分で債務整理をしても、取り立てや督促は和解が成立するか返済を行うまで止まりません。

依頼してから手続きが終わるまでの期間目安

気になるのが、手続開始から終了までの期間です。
だいたいの目安として載せておきますので、参考にしてくださいね。

任意整理の手続き期間目安

任意整理は利息分を減額または免除して借金の返済総額を減らす手続です。

期間の目安:3ヶ月〜6ヶ月

任意整理の手続は、ほかの債務整理と比べても比較的スピーディに終わる事が多い様です。

個人再生の手続き期間目安

個人再生は借金額を5分の1程度まで減額になる、裁判所を通して手続する方法です。

期間の目安:6ヶ月〜1年

個人再生は裁判所を通しての手続となるため、少々手続に時間を要します。

自己破産の手続き期間目安

自己破産は財産を処分し借金返済に充て、残額の借金をチャラにする債務整理の方法です。

期間の目安:3ヶ月〜1年

自己破産は裁判所を通しての手続となるため、少々手続に時間を要します。

処分する財産がある管財事件
処分する財産が無い同時廃止事件いずれの方法かで、手続の複雑さや期間が変わります。

一般的に、財産があって処分する場合の管財事件の方が手続に時間がかかります。

支払い方法により期間が変わることも

 減額後の返済額と一緒に弁護士費用を支払うパターン
 手続き開始前に弁護士費用を積み立てるパターン

このの2通りが多く、積み立てをする場合少し手続期間が長引く場合もあります。

このほか、弁護士事務所によっては依頼が立て込んでいて、手続開始まで時間がかかる事があります。
しかし、いずれの手続でも貸金業者への「受任通知」は依頼の即日送付され、すぐに取り立てや督促が止まるので、安心して下さいね。

まとめ

  • 弁護士(又は司法書士)に依頼すれば取り立てや督促がストップする。
  • 自分で手続きをする場合、取り立てや督促がストップすることはない。

以上のことから、もしあなたが督促や取り立てに追われて辛い思いをしているなら、すぐにでも弁護士に相談し、債務整理の依頼をすることをオススメします。

債務整理がどんなものか

自分に合った方法は何か

費用はいくらかかるか

期間はどのくらいかかるか

など、疑問がある場合は「無料相談」を利用して疑問や不安を解消してから依頼して下さい。

債務整理を行い、その後の生活を立て直すには弁護士との信頼関係が大事になってきます。
これはよく見落とされがちですが、あなたが信頼できると感じる弁護士に、正直に状況を話すことが重要です。

信頼できる弁護士か見極めるには、無料相談時にあなたの疑問をぶつけてみて、正直に明瞭に教えてくれるかどうか、確認できます。

私が依頼する弁護士さんを選んだ決め手

私も、無料相談を利用していろんな弁護士事務所へ相談しました。その中で、一番「話しやすいな、信頼できるな」と感じた弁護士事務所へ依頼しました。

そのため、納得して債務整理を始めることができ、債務整理自体もスムーズに進められ、その後の生活も安心して完済というゴールを目指すことが出来ました。

私が依頼したのはサルート法律事務所です。

無料相談してから3年、無事完済して今はとても穏やかで心身共に健やかな生活を送っています。

あなたもどうか、借金のことで悩んで苦しいんでいる日々から脱出するためにも、無料相談という一歩を踏み出して下さい。

1日でも早くあなたが借金の苦しみから解放される様に、応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*